保険証券が見つからない…。一括照会できます!

相続_保険
盛岡駅近辺や大通、中央通には生命保険会社さんが多くございますね!
生命保険と相続は切り離すことができない関係です。多くの方が生命保険契約を結んでいると思います。

さて。1つの質問です。
皆さまは、ご親族の生命保険の加入状況はおわかりですか?
私はわかりません(笑)

家族全員の保険契約の内容や、保険証券の保管場所をしっかり覚えている人はかなり少ないと思います。夫婦間であればある程度の共有はされていると思います。しかし、一人暮らしの親や独身の兄弟姉妹たちが急に亡くなりますと保険契約に関する必要書類を発見するのは非常に困難です。

そんな生命保険契約の手がかりがなくて困ってしまう心配は不要になりました! 新たな生命保険契約照会制度により、生命保険協会を通じて生命保険会社42社へ保険契約の有無を一括照会することが可能になりました。この生命保険契約照会制度は、令和3年(2021年)7月から始まりました。

生命保険契約照会制度の照会申請ができるのは、亡くなられた人の法定相続人・法定相続人の代理人等になります。また、照会申請には本人確認書類・法定相続情報一覧図・死亡診断書等の写しが必要になります。原本は各保険会社での保険金請求に必要となる場合があるので、大切に保管しておいてくださいませ。
照会費用は、1回の照会について税込みで3,000円の費用がかかります。旧姓を含む複数の契約があった場合でも当費用に変更はございません。
詳細は生命保険協会のWebページを参照して下さい。

当新制度は、保険契約のあるなしを少ない手間で簡単に把握することが目的です。つまり、「生命保険契約があるかどうかの調査をするだけ」、といった内容になっております。
そのため、保険金の請求は、生命保険契約のある保険会社へ直接連絡する必要があります。その際には、「協会の生命保険契約照会制度を利用した旨」を申し出るとスムーズになるようです。
また、協会に加盟していない共済契約(JA、コープ、県民共済等)や据置保険契約(満期がきても保険会社に預けたままの保険金)等は一括では照会できません。これまでと同様に自分で照会していく必要があるので注意して下さい。


最初にお伝えしたように、生命保険と相続は切り離すことができない関係です。今回の記事のように、相続が開始した(身内の方が亡くなられた)場合はもちろん、生前対策として生命保険の利用をお考えの方は多くいらっしゃると思います。
そうぞく税理士法人では、日々、相続相談を完全無料でおこなっております。生命保険について何かお悩みがありましたら是非ご連絡くださいませ。

【著者プロフィール】浜田勇毅(はまだゆうき)|そうぞく税理士法人 代表
秋田県秋田市出身の相続専門税理士/行政書士。開業前は全国規模の大手税理士法人にて相続・事業承継の専門家として従事していた。2020年にはまだ税理士事務所を開業し、"相続相談は完全無料"の事業理念のもと、現在まで100件以上の相続案件をサポートした実績がある。相続税申告案件はもちろんだが、多くの行政書士案件(戸籍収集、銀行解約、遺産分割協議の作成など)の経験もある。盛岡市を拠点とし、周辺市町村(滝沢市、矢巾町、紫波町、花巻市、北上市など)のみならず岩手県内全域を対応可能エリアとする。